スポンサーサイト

  • 2015.10.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


頭のいいお金の使い方

この本の価値 300円

人間性は金の稼ぎ方ではなく金の使い方に出る。
金というツールを自分の効用を高める為にどのように利用するのかが書かれている。

なんとなくでお金を使って、気付いたらもうない、という人は一度本書を読んでみるのもいいだろう。

自分が思った以上に、
自分で金をコントロールできない人は多いだろう。

不幸な国の幸福論

この著者に関しては、人生の先輩と呼ばせていただきたいと率直に思える。 加賀乙彦。 詳細後日記載。

私の個人主義



「道楽と職業」

【要約】

社会は発展していく中で、分業化・専門化が進むのは不可抗力である。
それに比例して、人間は不具なものになっていく。

漱石の言う不具とは、自己完結しない人間のこと。

昔(自給自足時代)は、人は人に依存せずに生きてきた。
生活に必要な衣食住は、一人(もしくは少人数)で完結することができた。

しかし、時代が変遷すると共に専門化が進み、
現代社会では世の中を構成する業界・職業は数え切れないくらいある。

あなたも、数ある業界の小さな一翼を担っているはずだ。

それは裏返せば、自分の業界以外の部分を他人に依存しなければ
生きていけないということである。


つまり、職業が分化されればされる程、相互依存関係が複雑に絡み合い、その度合いが高まる。

その度合いが強まるとどうなるか。

人は人の為に生きるということを余儀なくされる。
(=市場で生きるとはそのこと)

つまり、他人のニーズに応える代わりに、他人(他業界)は自分を含めた不特定多数のニーズに
応える必要がある。

そういう風に社会が成り立つ代わりに、
今自分がしている仕事に私欲を含めてはならない。

仕事をする上で、自分のしたいことより、
他人が求めていることに応えるのがファーストプライオリティであることには、
社会構成上、当然の結論である。

しかし、芸術家(画家・音楽家・作家等)はその例外である。
人の衣食住に必ずしも必要でない芸術方面では、他人の意見に耳を貸していては
魂のこもった仕事ができない。
彼らはノタレ死ぬ覚悟の上で、自分の意思を貫くべきである。

と、この漱石の見解を踏まえると
あなたは3つの選択肢の中のどれかを選択しなければならない。

1.自分の意思を貫く為に、のたれ死ぬ覚悟で芸術家を目指す
2.自分の意思をある程度(場合によってはかなりの程度)殺して、他人の為に生きる。
3.自給自足生活で、他人の世話に一切ならない。



とまぁ、こんな感じだが、
説明が下手で理解に及ばないと思うので是非一読してもらいたい。

しかし、非常に疑問である。

いや、論理的に考えれば上記のことは至極納得がいき、反論の余地もないが、
感情論としては、
芸術家、自給自足生活の人以外の人は他人の為の労働をしなければならないのかと
いった思いに迫られる。

人生の時間で考えれば、睡眠時間以外の約7〜8割程度労働時間に割かれる。

その大きな比重を占める労働に、自分の意思ではなく、
他人の欲に応える為に生きなければならないのか。
それで生きていると言えるのか。

誰か偉い哲学者がいってました。
「生きるのは難しい。ほとんどの人は息ているだけなのだから」
満員電車の脂のノッタ親父ドモを見ていると納得せざるを得ない。

それに我慢できなければ、
自給自足か自決か。

話はそれるけど、今’自決’という文字を書いてとても心にひっかかった。

’自分で決める'ということが'死'を意味する言葉ということ。
あなたは、どう感じるだろうか。
それほど自分で決めるということが人生において、稀有なのか。

それた。

しかし、誰かの為に働くということは美か。

今の俺はそう思わない。

たとえ、「家族の為に働く」と美しい言葉をおっしゃってる人がいても
俺はそれがベストだとはどうしても思えない。

やはり自分の為に働くのでなければ不自然である。

漱石の文書を読んで思ったこと以下箇条書き。

1.芸術家以外は、自分の意思もてないのかよ。漱石、てめえが自分の意思で生きているから
 ってしゃしゃんなよ。
2.社会構造上、他人に支えられながらしか生きられず、自分は他人に尽くす義務がある以上、
 仕事でやりたいことができてないとかヌカしてないで、有無言わずに働けよ。
3.やっぱり自分のやりたいことと人の望んでいることを合致させることにしか
 人生を充実させる方法にない。
 (人が望んでいることの中で自分のしたいことを探すのか、自分のしたいことを人に望ませるのか(=芸術家、起業家等))

矛盾だらけのことが頭に浮かぶということは、
まだ結論が出ていないということの証左。

とは言うものの、妥当に考えるなら3で生きていきたいものです。


しかし、このおもしろいコラムを、
伝えきれない文章力が非常に残念。

仮説思考

ボスコン出身コンサルタントの内田氏による思考本。

時代はIT化を経て、意思決定には迅速さが求められるようになった。

情報を得ようと思えば、いくらでも得られる時代において、重要なのは、
限られた時間の中で、限られた情報を使って、全体像を把握し、限りなく答えに近い
仮説を考える力である。

仮説力を鍛えるには、日ごろから「なぜ?」「So what?」を繰り返すことで、
思考の癖をつけることが必要である。


と、ざっくりこんな内容。

内容の割りには、割かれるページ数が多かったような…。

言わんとしていることはよーくわかるのだが、
仮説思考は素晴らしさを訴えるのが、メインパーパスとなっていたので、
HOW TOの要素がもう少し欲しかった。

<追加 7/23>

仮説思考と言うとなにか立派な響きにも感じるが、
実は人生を決める際は、皆こういう思考回路で考えているんじゃないだろうか。

STEP1 少ない情報で現状分析する

STEP2 仮説を立てる

STEP3 検証する


例えば、自分の職業を決める時など、

,海譴泙膿誉犬任侶亳海箙佑┐燭海箸鮓気法⊆分がどういう人間かを設定する。
△修海ら出された真実に近い仮説として、自分の考えた職業についてみる。
その職業で自分が満足をしているかを検証。

一番難しい且つ重要なのは、STEP1であろう。
人生は最大のプロジェクトである。
この本に書いてあるようにある企業のあるプロジェクトをどうにかしようとか
個人単位として考えれば、そんなレベルの規模ではない。
だから、仮説を立てるのに及び腰になるのであろう。

著者は、仮説が間違っていたら、検証を繰り返しながら修正していけば良いとしている。

人生にもそのくらいの心構えができた方が結果的に真実に近づけるのではないか、

ということは、考えさせられた。

「本は10冊同時に読め!」

 生粋の読書家かつ下手糞な文章の本は読まないとしている筆者の文章にしては
説得力が欠ける。

本を読まない人間を「サル」と言い切るなど、拝本主義色が非常に強い内容。

本書では、同時に複数冊の様々なジャンルの本を読むことを薦めている。
幅広い領域の情報に同時に触れることで思い浮かぶアイデアもあると
思うし、アンテナを広く張ることそのこと自体には大いに賛成である。

ただ、読書さえすれば成功するといった極端な考えが多い。

そして、成功の概念について極端さが気になった。
少し前に流行った「勝ち組」「負け組み」という考えに傾きすぎているんじゃないか
と思わされる記述がいくつもある。
負け組みにならないようにするために読書をしましょう、と言われても…。

読書家と自負している筆者には、様々な価値観を受け入れる程の想像力・器量があっても
いいはずである。

自身マイクロソフトの社長を務めた経験のあるエリートだからこそ、
見えなくなっている領域があると思うし、成功者ならなんでも言える、といった
態度があまり好ましくない。
著者が落ちぶれた時に、同じことが言えるのか。

「勝ち組」「負け組み」などの言葉に象徴されるように、
ここ数年の日本の価値観は偏りすぎている。

一億層中流としてやってきた日本国民は、個人の価値観を
ないがしろにしてきたと思う。

免疫がない為に、メディアで報道される価値観をなんの抵抗もなく受け入れる姿勢こそ、
日本人の欠点であり、日本の経済的豊かさが、真の豊かさに繋がらない元凶である。

このような日本の環境の中で、
個人の価値観を保ち続けれるほどの気概を持つのは難しい。
日本の環境でそれを可能にする程の自信とある種の頑固さを持ちたい


個人の価値観というものがもっと尊重される世の中であるべきである。

成功の形なんて人の数だけあっていいはずである。
いや、そうじゃなきゃ人間の個性なんてなんの意味があるんだ。
優秀なクローン人間を増産すれば済むじゃないか。

とにかく、
本書のような(偏った意味での)成功者のオナニー本には時間を費やさないようにしましょう。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
カウンター