スポンサーサイト

  • 2015.10.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


細野真宏の「数学的思考力」が飛躍的に身につく本

彼の言う数学的思考力は、つまり論理的思考力のことで、
この本では数学を例に、'思考'によって本質を見極める為の手立てが解説されている。

難解な数学の問題などはなく平易な文章で誰にでも理解できるように工夫されている。 
(この能力事態も論理力の延長線上にある、としている)

では、本質とは?
と言われても具体例がなければ説明しづらいので、
本書から軽く砕いて抜粋する。
-------------------------------------------------------------------

あなたには学力が並の子供がいます。
どちらを家庭教師につけますか?

‥貘臀个凌学の研究者
教員免許を持つ東●富士大学出身の現役の高校教師

なにも考えなければ、

もちろん,鯀びたくなるところです。

そこで'思考'

勉強ができる→教えるのがうまい

この論理構成を疑うことから本質が見えてきます。

教えるのがうまい→子供の視点で教えることができる

子供の視点=初心者の視点

初心者の視点≠勉強ができる

ここまで来ると矛盾に気づくことができます。

そして、次に、
理解の個人差を考える。


AならばB
BならばC
つまり、A→Cという論理構成があるとして、

東●富士大学の先生は、A→B→Cと各段階を踏むのに対して、
東大出の先生は個人の能力がある為にA→Cという飛躍して論理を組み立てられる。

この場合は、子供にとってどちらが先生が適しているか。

てな具合です。

私的な見解で言えば、

「先生は頭の良い人がなるもの」
「頭の良い人が良い先生」
という常識が疑えるようになり、
逆に、
「頭の良くない人こそ良い先生になる素質がある」
と言うことも出来ると思います。

つまり、頭が悪いから、と教師になる夢を諦めてしまった人たち

非常にもったいない!

この論理が通るなら、

「俺は頭が悪いから教師になる!」

といった一見アホらしく聞こえるようなことを言う人たちが出てきてもいいわけです。
------------------------------------------------------------------------


本質を見抜く能力が必要な理由を筆者は、

個別の知識を蓄えるのではなく、その裏にある本質を見抜くことで、
今まで独立していた(ように見えた)事象に繋がりが見える。
すると社会全体を見渡せるようになり、本質を考えるような習慣をつけることによって、
例えば、
選挙戦での候補者の甘い政策の訴えにも、冷静に判断を下すことができる。
候補者は本質を見抜く市民の手前、言葉のまやかしを言わなくなり、よりよい国になる。

てな具合に述べています。

すぐに読める本なのでオススメです。

芥川賞作品「ポトスライムの舟」

ワーキングプアの30代独身女性の日常を繊細に描いた作品。

作品全体に悲壮感が漂っているようで、どこか自らの運命を笑っているような余裕すら
感じさせる、、世相をあらわすような作品。

少し昔の価値観であれば、30代女性の順風満帆な人生とは、
結婚して子供がおり、経済的にも安定しているという今から考えれば単純なものであったが、

価値観が多様になる中で、一方、自らの価値観に自信を持てない人も増えているのだろう。

そういう中で、あるポスターが主人公にとって何が大切なのかを教えてくれる。

淡々とした文調で全体として明るい作品ではないが、読感は意外と爽快である。


ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

父から息子へ、20年にも渡って送られた手紙。

息子が大学生の頃から、会社の社長に至るまで父子の歴史を辿りながら
人が生きていくうえで誰しもが経験しうる逆境や苦難に対しての指針を
愛情とウィットを込めた文章で書き連ねてある。

30通ある手紙は全て実父によるものだが、
友達・同僚・経営者・社長、そして父親など
様々な立場・視点からアドバイスしているところが面白い。

今まで読んだ数少ない本の中で、

「ベストオブドッグイヤー賞」

をあげたいと思う。
一冊読み終わった時にドッグイヤーの数が20を越えた初めてである。


そして、刊行年を見て改めて驚かされた。
1987年1月

刊行されてから20年以上たった今、まったく古臭さを感じることなく読める。
時代を感じさせないということは
人間の真理を追い求めた結果の本だと言えるだろう。

素晴らしい教訓盛りだくさんの本であった、という感想と同時に、
このような教訓を日々意識することの難しさを感じぜずにはいられない。

こういった教えが血となり肉となるまでの経験が人生であると言える、のかな。





快楽は悪か

私は平日はスロットに行き、土日は競馬、儲かった金で女を買い、
夜は大量の酒を浴び、ドラッグ漬けで生きています。


そんなことを宣言されたら、あなたはきっとその人を批判するかもしれません。


ギャンブル、酒、ドラッグ、セックス、新興宗教…

しばしば世間に批判される快楽が世の中にはいくつも存在する。


しかし、それらは本当に悪なのか。

そしてそれは誰にとってどう悪なのか。


そのことについて真剣に熟考した人はそう多くはないはず。


私たちは幼少の頃から、
日本国民を操作しやすいように頭の良いエリートさん
が作った道徳観に無批判であるように洗脳されてきたのだから。

私が尊敬する宗教学者である植島啓司が

「他人に害悪を与えない限りにおいて快楽は全て善である」

との考えのもとに連載していたエッセー集。

道徳観を盾に他人を批判することは簡単ですが、その道徳観から見直してみるには
いい機会になるかもしれない。



リンク元から彼のHPに行くことができます。


P.S.

「体育座り」という座り方がありますが、
あの座り方は戦前、政府が児童を管理し、良き軍隊となるように
支配下に置かれているという考えを植えつけるために生みだされたものだといわれています。
何に関しても無批判な姿勢(犬)でいたくはないですね。

ですが、そんなことよりも私は、
wikipediaでの解説写真が気になります。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
カウンター